埋没毛の原因

「埋没毛」でお困りではないでしょうか?埋没毛とは、毛が肌表面に顔を出さずに肌内部で成長してしまう症状の事を言います。

黒ゴマのように黒い点々として肌内部にある毛で、埋没毛は見た目が悪いだけではなく、時には痛みを伴う場合もあります。この埋没毛があるだけで、見た目が悪く、いくら手入れをしていても美しくなる事はないでしょう。

また、埋没毛を処理するには、皮膚に傷を付けないといけないので、傷跡が残ってしまったり、色素沈着の原因になったりもします。

埋没毛ができる原因

埋没毛ができる原因としては、「剃刀や毛抜き」を使用したムダ毛の自己処理にあります。

特に毛抜きで無理矢理毛を抜いてしまうと、毛穴が傷つきぽっかりと大きな穴が開いたような状態になってしまいます。そして、傷ついた毛穴を修復する為に再生機能が働きより強い皮膚に生まれ変わるのです。

すると、次に生えてこようとする新しい毛が皮膚の表面に出る事ができずに、皮膚内部にとどまってしまう事になるのです。これが埋没毛ができる原理です。これは、毛抜きだけに限らず、剃刀にも同じような事が言えるので注意が必要です。

基本的に人間の皮膚は、傷ついた場所を再生しようとします。そして、再生されたときには以前の皮膚よりも分厚く強くなっているのです。ですから、毛根が生きている以上は新たに毛が生えてくるので、埋没毛ができてしまう事になるのです。

埋没毛ができてしまった場合

埋没毛ができてしまった場合は、皮膚を破って無理に抜こうとせずに、皮膚科などを受診するようにしましょう。ピンセットや毛抜き、針等を使って自分で何とかしようとする人もいますが、皮膚に傷がついてしまい傷跡が残ってしまいます。

ですから、埋没毛ができてしまった場合は、迷わず皮膚科に相談するようにしましょう。

埋没毛の予防

埋没毛は以上のように非常に厄介なものです。そのため、埋没毛を作らないと言う事が一番になります。埋没毛の予防方法は、「剃刀や毛抜きを使用しない」と言う事になります。

つまり、ムダ毛の自己処理は極力しないようにして、エステサロンなどで全身脱毛を受けるようにしましょうと言う事です。家庭用脱毛器を活用すると言う方法もありますが、使い方1つ間違うとやけどなどの肌トラブルを起こしてしまう場合もありますので、あまりおすすめはできません。

家庭用脱毛器も安全面を考慮して作られてはいるのですが、やはりそれなりの知識がないと安全に使用する事は難しいでしょう。それに、背中等の手の届かない部分に関しては、結局サロン等で施術を受けるかたちになると思いますので、それでしたら初めから全身脱毛のコースを選択しておいた方が安くておすすめです。

最近では月額制で全身脱毛ができるサロンがほとんどですのでおすすめです。しかも、安いサロンでしたら3,000円代か全身脱毛ができますので、家庭用脱毛器でやけどなどのリスクを負いながら脱毛するよりも圧倒的に安全でお得なのではないでしょうか。

以上のように、埋没毛は非常に厄介な症状です。もし埋没毛ができて悩んでいるのでしたら、自分で何とかしようとするのではなく、皮膚科を受診する事をおすすめします。

また、埋没毛の予防としては、自己処理をやめる事が一番です。その為にも、エステサロンの無料カウンセリングだけでも受けてみるのはいかがでしょうか。最近は10万円以下で全身脱毛ができるサロンも増えてきていて、月額制なので初めにまとまったお金も不要です。

また、全身ではなくても、好きな個所を4ヶ所チョイスできる脱毛コースなどもありますので、そういったサービスを活用してみるのも良いのではないでしょうか。

全身脱毛おすすめサロンのご紹介