色素沈着(黒ずみ)の原因

「色素沈着」でお困りではないでしょうか?色素沈着とはいわゆる「お肌の黒ずみ」の事です。

色素沈着の原因はさまざまですが、1つが「剃刀」を使用して剃毛だと言われています。多くの女性がムダ毛を処理する理由は、「見た目の印象を良くしたいから」だと思います。だから、ローコストでできる剃刀を使用したムダ毛処理の方法を選択していると思うのですが、剃刀を使用した剃毛は、実は非常に危険な行為なのです。

剃刀を使用すると色素沈着の原因になる

ほとんどの方が、ムダ毛を処理する時に「剃刀」を使用して剃毛すると思うのですが、その剃刀を使用する事によって、肌に目に見えないほど小さな傷を付けてしまっているのです。

剃刀で剃毛した後に、肌が赤くなったり、かゆみを感じたりした事はありますよね?これが肌に傷がついている証拠なのです。そして、しばらくすると、赤みやかゆみはおさまるけれど、白く粉を噴いたようになると思います。

これは、肌表面の角質層がはがれている証拠なのです。角質層が剥がれてしまうと、皮膚バリアがなくなってしまい、雑菌などのが肌内部に入り込んでしまったりします。また、人間の再生機能が働いて、より分厚い皮膚が再生されていくのです。

すると、女性らしい皮膚ではなく、ゴツゴツした男性のような皮膚になってしまうのです。この時に、肌を守ろうとメラニン色素が働いて、肌が黒ずんでしまうのです。

それから、角質層がはがれてしまうと、紫外線などの影響をもろに受けてしまうので、シミの原因になったりもします。

普段何も考えずに剃刀で剃毛していると言う方でお肌の黒ずみが気になっていると言う方は、「剃刀」が原因となっているので、剃刀を使用してのムダ毛処理は極力しないように心がけましょう。

また、お肌の黒ずみは剃刀だけに限ったものではなくて、毛抜きでのムダ毛処理でも同じ事が言えます。

毛抜きで無理矢理毛を引っこ抜く事で毛穴に傷がついてしまいます。すると、先ほどと同じように再生機能が働いて、より丈夫な皮膚を作ろうと働きます。すると、お肌は色素沈着を起こしてしまう事になるのです。

その他にも、色素沈着には原因があり、「加齢」「ホルモンバランスの乱れ」「紫外線の影響」当が挙げられます。

加齢に関しては、年齢に逆らう事ができないので諦めるしかないとは思いますが、ホルモンバランスの乱れや、紫外線の影響に関しましては対策を取れば色素沈着を避ける事ができます。

もしあなたが色素沈着で悩んでいるのでしたら、まずは剃刀によるムダ毛の自己処理をやめる事が一番のポイントとなります。

色素沈着は一度起こってしまうと、なかなか元に戻る事は難しいのですが、剃刀鵜の使用をやめて、サロンでの脱毛に切り替える事で、徐々に黒ずみも消えていき、今後の色素沈着の予防にもなります。

以上のように剃刀を使用したムダ毛の自己処理はあまりおすすめできるものではありません。むしろ危険なので今すぐやめた方が良いでしょう。

上記でも説明しましたが、角質層が剥がされると、肌バリアがなくなってしまうので、紫外線の影響をまともに受けてしまい、シミの原因にもなりますし、最悪の場合皮膚がんなどを引き起こしてしまう事にもなり兼ねません。

ですから、剃刀を使用した剃毛は今日限りでやめてエステサロンで全身脱毛をする事をおすすめします。そんな費用はもったいないと言う場合でも、剃刀はやめて、せめて電気シェーバーでムダ毛処理をする事をおすすめします。

全身脱毛おすすめサロンのご紹介