全身脱毛は副作用はあるの?

全身脱毛に副作用はあるのか?と言う点について心配な方も少なくはないでしょう。

全身脱毛は、女性にとってメリットしかないと言われれば確かにそうなのですが、実はデメリットも少しだけ存在するのです。

参照:全身脱毛のメリットとデメリットについて

上記で説明した通り、女性にとっては、ほとんどがメリットです。

しかし、副作用があるとしたらどうでしょうか?

全身脱毛の副作用

全身脱毛は、「フラッシュ脱毛」と「医療レーザ脱毛」が現在主流の脱毛方法です。

この両者の施術方法に副作用はあるのですが、いずれも以下のような症状になります。

  • 肌が赤くなる
  • 肌が腫れる
  • 軽いやけど

上記が、全身脱毛の副作用と言われている代表的な症状です。

しかし、このような副作用が表れる事は稀で、ほとんどの場合副作用は現れません。

これは、光やレーザーで毛根を焼くときに、少なからず肌に影響を与えてしまているから起こる症状なのですが、しっかりとした施術方法を行っていれば、このような副作用が起こる事はまずないでしょう。

それに、最近のエステサロンでは、脱毛後の保湿ケアをしっかりと行っているので、肌が赤くなったり、腫れたりと言う症状は出る事はありません。

万が一このような肌トラブルを起こしてしまった場合でも、最近のエステサロンでは、専門の医療機関と提携を結んでいるので、サロン側の全額負担でケアを行ってくれます。

医療機関の場合は、そのまま治療を受ける事ができます。

なぜ副作用は起こるの?

副作用が起こる原因は、肌の状態にあると言えます。特にもともと肌が弱い方や、敏感肌の方は、初めのカウンセリング時にスタッフの方に伝えておくべきでしょう。

また、かかりつけの病院等がある場合は、全身脱毛をしても良いか事前に確認するようにしましょう。

医師の診断の元OKが出れば、全身脱毛をしても問題ないとは思いますが、NGな場合は全身脱毛は諦めた方が良いのではないでしょうか。

全身脱毛で副作用が起こる原因は、やはり肌の状態、それから光の出力の強弱も関係していると言えます。

施術中に痛みを感じたら、我慢せずに光の出力を弱めてもらうようにしてください。

と言っても、医療レーザー脱毛の場合は、出力を弱めてもあまり痛みは変わらないので、麻酔を使用して施術を行う場合がほとんどです。

麻酔で麻痺させて、肌に負担をかけて、そこまでして、全身脱毛をするのなら、エステサロンのフラッシュ脱毛の方が、肌への負担も少なく、無理なく全身脱毛ができるのでおすすめです。

全身脱毛の副作用は、必ずしも起こるものではなく、ほとんどの場合は副作用を気にしなくても良いでしょう。

ただ、肌の状態が悪い時や、もともと敏感肌の方、肌が弱い方は、カウンセリング時に必ず相談して、無理をしないようにしましょう。

全身脱毛をしたい気持ちは分かりますが、肌に傷を付けてしまったり、痛めてしまうのはあまりおすすめできません。

ほとんどの場合無い事ですが、心配な場合は医師に相談するか、エステティシャンに相談するようにしましょう。

また、肌は強いけど、痛みに敏感と言う方は、完全無痛のハイパースキン脱毛を行っているディオーネの全身脱毛がおすすめです。

全身脱毛おすすめサロンのご紹介