全身脱毛はクーリングオフできますか?

全身脱毛をはじめようと思って契約しては見たものの、やはり解約したいと思った場合は、クーリングオフが便利です。全身脱毛は、クーリングオフを利用できる場合とできない場合があります。

以下では全身脱毛のクーリングオフについて解説いたしますので、しっかりと理解したうえで利用するようにしましょう。

全身脱毛のクーリングオフについて

全身脱毛をサロンで契約した場合で、契約後8日以内であれば「クーリングオフ」を使用する事ができます。

ですから、カウンセリングを受けてみて、勢い余って契約してしまった人や、その場の雰囲気に飲まれて契約してしまった人、契約するつもりはなかったけど口車に乗って契約してしまった人は、8日以内であればクーリングオフ対象になるので、違約金、解約金等なしで契約自体を無かった事にできるのです。

ただし、これはあくまでも「エステサロン」の場合だけで、「医療機関」でレーザー脱毛の契約をしてしまった場合はクーリングオフの対象外となりますのでご注意ください。

なぜ医療機関だけクーリングオフ対象外なのか

医療機関で行っている全身脱毛は、レーザー脱毛で「保険適用外の医療行為」になりますので、クーリングオフは利用できません。

逆にエステサロンで行っている全身脱毛は、医療行為にはあたりませんので、クーリングオフを利用する事ができるのです。

ですから、エステサロンで契約してから、やっぱり全身脱毛したくないとなった場合はクーリングオフを利用して解約すれば良いのです。

そもそもクーリングオフって何?

クーリングオフとは、簡単に説明しますと、全身脱毛の契約をサロンとした後で、契約を無かった事にして、無条件で全額返金してもらえる制度の事です。

クーリングオフを適用するには、以下の条件が必須になりますので覚えておきましょう。

  • 契約をした日から「8日以内」(8日目の消印まで有効)の場合
  • 契約期間が1ヶ月以上の場合
  • 契約金額が総額5万円以上の場合

上記条件が揃っている場合は、クーリングオフを利用して、契約を無かった事にできます。

クーリングオフの良いところは、面倒な手続きをする必要がないところです。ただ、書面でサロン側に通知するだけでクーリングオフが適用されるので、サロンへ電話する必要もないですし、わざわざサロンへ出向く必要もないのです。

無料カウンセリングや、無料体験を受けてみて、テンションが上がってしまい全身脱毛の契約をしたけど、自宅へ帰ってきて冷静に考えてみたら、やっぱりやめたいと言う場合もよくあります。

こんな時にクーリングオフはとても便利です。

クーリングオフのやり方

クーリングオフのやり方について解説していきます。

基本的にクーリングオフには決まった形式は存在しません。

要は、契約した相手方(全身脱毛サロン)に、「契約を解除する」と言う旨を伝えれば良いのです。この内容を書面に起こし、契約日から8日以内に相手方に郵送すればOKです。

しかし、ただ単に書いて郵送するだけだと、「届いていない」「8日過ぎている」等の文句を言われて、トラブルになり兼ねないので、日にちと確実に届けたと言う事を公的に証明しておいた方が良いでしょう。

例えばですが、内容証明郵便を利用すると言う方法もあるのですが、少し面倒ですので、「はがき」を利用すると簡単で公的にも証明できるので安心です。

クーリングオフのはがきの記入例

葉書の表面に、契約したサロンの住所とサロン名を書きます。

裏面には以下のように記入していきます。

通知

契約日:〇〇年〇月〇日

販売会社名:〇〇サロン

住所:サロンの所在地

電話番号:サロンの電話番号

担当者名:山田 花子(不明なら書かなくてOK)

商品名:【例】全身脱毛6回コース

金額:【例】114,000円

上記内容での契約または申し込みを解除致します。

住所:あなたの住所

氏名:あなたの氏名

返金振込口座:支払い済みの料金を返金して貰う為の口座番号と名義人、種類

はがきの書き方は上記の通りです。

そして、できあがったはがきの両面をコピーして控えを取っておいてください。

次に、少しお金はかかりますが、郵便局の窓口で「簡易書留」で郵送するようにしましょう。先ほどのコピーは必ず保管するようにしてください。

この時に、消印が8日以内であれば大丈夫ですので、速達で送る必要はございません。

また、配達記録郵便で送る事も可能ですが、相手の受取が記録されないので、簡易書留そおすすめします。

全身脱毛の契約をしたけど、やっぱりやめたいと言う場合は、サロンへ出向いて解約の交渉をするのではなく、クーリングオフを利用すると手間もなく簡単に解約をする事ができます。

ただし、上記でも説明した通り、クーリングオフを利用するには条件があります。条件が当てはまるのであれば、面倒な交渉などせずに、一方的に解約をする事ができます。

全身脱毛を契約して、やっぱりやめたいと言う方で8日以内であればクーリングオフを利用して解約するようにしましょう。

全身脱毛おすすめサロンのご紹介