全身脱毛は恥ずかしい?施術時の服装は?

全身脱毛は恥ずかしいのか?についてなのですが、正直他人の前で裸同然の格好をするのですから恥ずかしくないと言えば嘘になります。

しかし、エステティシャンの方も、何百人、何千人と施術を行ってきているので、何も気にせず施術を行ってくれます。

ですから、恥ずかしいと思うのも初めの1回目だけ、もしくは2回目ぐらいまででしょう。

脱毛の施術時の服装は?全裸になるの?

脱毛の施術を行う時は、素っ裸ではなく、しっかりと専用の施術着を着て脱毛を行います。

ですから、全裸になる事は無いので心配しなくても大丈夫です。

全身脱毛と言っても、一度の施術で全身の脱毛をする事は少なく、2~4回に分けて行う事がほとんどです。ですから、少し部位数が多めの部分脱毛と考えていただければよいのではないでしょうか。

最近はスピード脱毛が主流になりつつあるので、1回の施術で全身の脱毛をしてしまうサロンもありますが、その場合でも、全身一気に光を照射する事は無いので安心です。例えば、「太もも・ひざ上・ひざ下」の施術をして、完了すれば、次は「ワキ・ひじ上・ひじ下」のように、少しづつ光を当てていきます。

ですから、全裸で施術を行う事は無いので全身脱毛でも恥ずかしいと思う事はあまりないでしょう。

サロンによっては、広範囲に亘って施術を行う場合もありますが、その際は専用の紙製のブラジャーやショーツを着用して施術を行うので心配はいりません。

全身脱毛と言っても全裸になる事は一切なく、サロン側としても女性の羞恥心や不安要素を取り除くための努力や工夫をしっかりと配慮してくれているので、安心して施術を受けていただけることでしょう。

全身脱毛の施術時の専用着

全身脱毛を行う際は、各サロンで用意された専用の施術着を着用して施術を受けます。

各サロンによって施術着は異なるのですが、基本的には「ガウンタイプのもの」や「ワンピースタイプのもの」です。

全身脱毛は少しずつパーツ分けして施術を行っていきますので、施術着は各パーツごとに露出しやすいような工夫がされています。

少し薄着なので、冷え性の方は寒さが気になったり、乾燥が気になったりする方もいらっしゃると思いますが、施術中はバスタオルをかけてくれたり、乾燥を防ぐローションなどを塗ってくれたりするので安心です。

VIOラインの脱毛の時はどうするの?

全身脱毛をするうえで最も気になるのが「VIO脱毛」の事ではないでしょうか。

下着を身に着けたまま施術を受けたい気持ちは分かりますが、それだと施術を受ける事はできません。

この点についても、各サロンで配慮されていて、VIO脱毛専用の紙製の使い捨てショーツをはいて施術を行います。

この紙製の専用ショーツは、女性の方が恥ずかしくないように配慮されていて、必要最低限の露出で済ませる事ができます。また、自分の下着をジェルなどで汚すことなく施術できる点も優れています。

はじめは、紙ショーツをはいて施術を受ける事に抵抗はあると思いますが、すぐに馴れるでしょう。

以上のように全身脱毛は恥ずかしいと思われがちですけど、サロン側の配慮で必要最低限の露出で施術を行えるようになっています。

ですから、恥ずかしくないと言えば嘘になるかもしれませんが、全裸になる事は無いので安心してください。

はじめは恥ずかしいと思うかもしれませんが、回数を重ねていくと徐々に慣れてくることでしょう。

全身脱毛おすすめサロンのご紹介